ロレックスの中古品の価格について

義之です。
ロレックスは中古市場でも人気なんですけど、だったら、かなりのボロボロでもロレックスであれば高く売れるのかということも当然考えられます。もちろん、ボロボロの状態がどれくらいなのかというのもあるとは思いますが。
何年も使っているとか、キズがあるとか、また箱や保証書があるかないかで、実際にロレックスの買取価格にどれくらいの差が出るのかは気になるところだと思います。

そこで、まず未使用のロレックスで平均どれくらいの査定になるかというと、もちろんモデルによっても違いますけど、だいたい元値の70%以上は固いところだと思います。

じゃあ、古くなればそれだけ値落ちしていくのかというとそうではあるけど、そうとも言い切れないんですよね。

たしかに、ふつうは古いほど価格は下がりますけど、ロレックスのスポーツモデルなどは人気が高いので、悪くても元値の50%以上になる可能性はあります。もちろん、ロレックスならどれでもというわけじゃないですけどね。
とくにドレスウォッチなどはもっと落ちると思います。
ただし、古い方がかえって高くなるという場合もあります。それが、ロレックスのアンティークと呼ばれているもので、1970年代より以前のものは、元値よりも高くなることがあります。

ロレックスでも人気の高いサブマリーナやデイトナとかなら、100万~300万とか、いやデイトナならもっと行くかもしれません。
まぁ、アンティークのロレックスなら、なんでも高くなるというわけじゃないですけどね。状態にもよるし、人気のないものとかなら、古くなればそのまま価値が下がるものも当然ありますから。
あとはどう売るか、1円でも高く売るには、やはりできるだけたくさんの査定見積もりをとることでしょうね。そこで最高値のところに売るというやり方です。
なので結局は、査定してもらわないとわからないっていうのはありますけどね。